防災・落石対策

C1コンテンツ

道路や線路の落石対策は、その対策方法により発生源対策と防護対策に大きく分類できます。
その中でも落石の規模や現場条件により様々な対策工法があります。
日本サミコンでは各種対策工法に対応できる商品ラインナップを取り揃え、また防災専門メーカーとしての長年の研究と経験から、最適な工法をご提案いたします。
防災・落石対策画像

製品比較

製品名 対応
エネルギー
経済性 繰返し
荷重
耐久性 施工性
イニシャルコスト ライフサイクルコスト
ロックシェッド
ロックキーパー 3500kJ
片持ちキーパー 3500kJ
メガロックキーパー 3500k J
ハイパワーロックフェンス(高エネルギー吸収型落石防護柵) 1000kJ
ロックジオバンク(落石防護補強土壁) 4500kJ
ビーズリンガーネット(高エネルギー吸収型落石防護網) 1200kJ
イージーネット(ポリエチレン製落石対策工) 200kJ
ゼロハチフェンス 300kJ

◎非常によい ○よい △場合によりよい